>

いくらはらうの?

アルバイトやパートの所得税はいくら?

まず大切なポイントがアルバイトやパートで働く方々は、給料以外に収入がなく、なおかつその収入が103万円以下なら所得税は払う必要がありません。それはみなさん1度は耳にしたことがあるでしょう。「103万の壁」と言われるものです。年収が103万を越えれば納税の義務が発生し、さらに扶養家族になっている場合は、扶養を抜けなければならないため、夫や親等の税金が高くなるのです。

しかし、ここで注意しなければならないのは、この103万円というのは手取りの金額ではありません。何も控除されていない給与の非課税の手当を引いた総支給額のことなのです。

それでも「税金がかからないように働いているのに少しだけ引かれている…」という方はいないでしょうか?しかし大丈夫です!年末調整で返ってきます。

源泉徴収

会社員やアルバイトなどをしている方は、源泉徴収と年末調整で納税します。

源泉徴収とは一体何のことでしょうか?
源泉徴収とは、会社などが給料などを支払う際に、必要な税金を事前に差し引いて、その差し引かれた税金を本人に代わって国に納税する制度のことです。もしも源泉徴収という制度がなければ、いちいち所得税を自分で納めなければならなくなります。そうなってしまったら納税する方もされる方も面倒くさくなってしまいます。

では、次にこれも良く耳にする「年末調整」について説明していきます。
年末調整とは、税金を払いすぎたりまたは逆に少なかったりした時にその過不足を調整するものです。たとえば源泉徴収された所得税が多く支払われていた時には、その過払い分が戻ってくるのです。


この記事をシェアする