>

所得税って一体?

所得税とは

所得税というのは、個人の所得にかかる税金のことで、会社が払う義務を負う法人税と肩を並べて国の税金制度の中心となる税金のひとつです。

所得税は以下の10区分に分けて計算が行われます。
・給与所得
・事業所得
・不動産取得
・配当所得
・一時所得
・雑所得
・退職所得
・利子所得
・譲渡所得
・山林所得
しかし、みなさんがよく耳にし、会社員が納付義務を負っているのは給与所得ですよね。

さて、そもそも「所得」は何なのでしょうか。「所得」というのは1年間の収入から、所得を得るために必要な経費である「必要経費」をひいたものです。

例えば、年収300万円で必要経費が100万円だとしたら、所得は200万円になるということです。その所得、つまりは前述の例であれば200万円にかかる税金が「所得税」ということです。

したがって所得がなければ所得税はかけられません。

所得と収入の違い

年収から必要経費を引いたものを所得というと先ほど説明しましたよね。所得と収入の意味は同じように思っている方もいると思いますが、税法上では全く別物なのです。

会社に勤めている人にとっての「収入」というのは、給与や賞与などを合わせた1年間の合計です。給与所得者であれば、年収と呼ばれるところが税法上の収入にあたると思っていいでしょう。

自営業の場合は会社員とは違い、いわゆる年商などが収入です。開業医の場合は社会保険料や自由診療などで収入があります。飲食店を経営しているのであれば、売り上げが収入です。こうして勤めている形によって収入の種類もいろいろあるのです。

次のページでは、会社員が毎月給与からひかれる所得税についてさらにくわしく説明していきたいと思います。


この記事をシェアする