>

どうやって計算するの?

所得税の計算方法

ここまで所得税の基礎知識について説明してきました。ここでは具体例を提示しながら税金の計算をシュミレーションしながら説明していきたいと思います。

以下の情報で想定します。
都内に1人で住んでいる40歳未満の方で、年収は400万円稼いでいます。健康保険、厚生年金、雇用保険に入っています。

1.控除額を計算して年収から所得を割り出す
2.税額を計算する
1で計算し割り出した所得額にそれぞれの課税所得額に応じて各税率をかけていきます。

先ほどの年収400万円の方であれば税率20%になるので、400万円に20%をかけ、54万円を足した額が「給与所得控除額」になります。社会保険料控除額と基礎控除額を足した額を年収から引いた額が所得と呼ばれるものになります。

賞与にも所得税がかかる?

賞与、いわゆる一般的にボーナスをもらっていざ見てみると、「思ったより手取りが少なかった!なぜ?」「ボーナスからも税金が引かれるの?」と疑問を抱いている方も中にはいるのではないでしょうか。実は賞与も「給与所得」として扱われるため、所得税や社会保険料などが引かれてしまうのです。

その中でも賞与にかかる所得税は、社会保険料と雇用保険を差し引いた後の支給額と扶養親族の人数によって変わってくるのです。

扶養親族がいなければ、6万80000円未満まで、扶養親族が3人いるならば17万1000円までは税金はかかりません。しかし、それを越えた金額になると、その額と扶養家族の人数によってその額に応じたパーセンテージを乗じた額が所得税として差し引かれていきます。


この記事をシェアする